唐津商主将「しっかり行進」 7日開会式、リハで動き確認

西日本新聞

 第98回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の唐津商ナインも各代表校とともに予行演習をした。

 リハーサルは本番の段取りに沿って行われ、代表校は南から順に入場した。唐津商は代表校では7番目に登場、ナインは姿勢や手足の動きを確認しながら行進した。井上樹希也主将(3年)は7日の開会式に向け「佐賀の代表としてしっかりと行進したい」と意気込んだ。

 チームはこの後、西宮市内のグラウンドに移動。初戦の木更津総合(千葉)投手陣をイメージし、打撃練習に汗を流した。初戦の大会7日目(13日)まで間が空くため、吉冨俊一監督は「試合感覚を忘れないように練習を工夫したい」と話した。

=2016/08/07付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ