親友の手袋で打席に 樟南4番の吉内選手

西日本新聞

 友の思いを胸にバットを握り締めた。15日の全国高校野球選手権大会で、樟南(鹿児島)の4番吉内匠選手(3年)は鹿児島実業の加川由伸選手の手袋をして打席に立った。2人は種子島出身で、3年前に中学日本一になった種子島中野球部の親友同士。託された高校日本一はならなかったが、吉内選手は「あいつと甲子園で一緒にプレーしているようだった」と晴れやかな表情を見せた。

 樟南と鹿児島実業は県大会決勝で死闘を繰り広げた。延長十五回の引き分け再試合の末、甲子園切符を手にしたのは樟南。試合後、吉内選手は涙を流す加川選手に「手袋をくれないか」と頼んだ。「これで甲子園でも打ってくれ」。使い込まれた黒い手袋とともに思いも託された。

 全国制覇した中学時代、2人は「レベルの高い高校で野球しよう」と誓い合った。卒業後に島を離れ、鹿児島市内の強豪2校に分かれて進学。互いに甲子園を目指すライバル校だが、実家に戻った正月や盆休みには「早くレギュラーになって対戦しよう」と2人で励まし合ってきた。

 加川選手の手袋をして臨んだ甲子園。「あいつらの分まで活躍しないと」と吉内選手は気持ちを高ぶらせた。15日の2回戦、九回裏2死で打席が回った。「鹿実のみんな、見てろよ」。内野ゴロで最後の打者になったが、全力で走った。

 「胸を張って島に帰りたい」。試合後に涙はなかった。「上には上がいたよ。甲子園には」。故郷で親友と語り合うつもりだ。

=2016/08/15 西日本新聞=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ