HKT新章へ 別れと出会いの夏ツアー最終日

西日本スポーツ

 HKT48夏のコンサートツアー千秋楽の15日、総選挙連覇後、初の大分凱旋(がいせん)を果たした指原莉乃のあおりに応え、1800人のファンも大歓声で応えた。

 チームH初代キャプテン・穴井千尋との別れから始まった今回の旅は、実験的な試みに次々と挑戦した。ファンの意見によって構成を決定、4期生のデビュー、若手25人だけのコンサート、そしてセンターの交代…。そのどれもがファンの予想を超え、グループの未来を予感させた。幕切れは、穴井のために生み出された卒業ソング「夢ひとつ」。きょう16日に日本を離れ留学する穴井のサプライズ登場に、会場は驚きと歓喜。髪を切り、ほんの少し大人びた彼女とともに歌う、正真正銘の最後の歌。

 「夢ひとつ、叶えたら また新しい夢を…」(『夢ひとつ』より)

 晴れやかな表情で歌い終えた穴井を、大歓声で送り出した。

 別れと出会い、そして挑戦-。最高の夏を駆け抜けたHKT48の、新しい夢が始まる。

=2016/08/16付 西日本スポーツ=

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ