「全国一」の俊足、甲子園疾走 秀岳館・原田拓実選手

西日本新聞

 18日の全国高校野球選手権大会で4強入りした秀岳館(熊本)。切り込み隊長の原田拓実選手(3年)は「野球漬けの日々を送りたい」と佐賀県武雄市の中学校から進学、中学硬式野球の強豪チームで活躍した選手たちと競い合いレギュラーをつかんだ。自慢の俊足は「全国一」。この日も安打で出塁し、鮮やかに2盗塁を決めた。

 小学1年で野球を始め、武雄中では軟式野球部。甲子園を目指そうと、中学の先輩に誘われた秀岳館の門をたたいたが、入部してみて驚いた。

 その春、中学硬式野球の強豪「オール枚方ボーイズ」(大阪)を率いていた鍛治舎巧さんが監督に就任。全国制覇した同チームのメンバーも入学していた。1年の夏から試合に出る同級生たち。「一緒に戦いたい」と願いながらも、軟式との違いに苦しんだ。

 夜遅くまで自主練習を繰り返し、1年の秋にレギュラー入り。だが試合でミスをするたびに落ち込んだ。「すぐ下を向く。上を向いたら結果がついてくるぞ」。2年の夏、トレーナーから指摘された。その日から、帽子のつばの裏には「下向き厳禁」の文字がある。

 スポーツ用品メーカーが野球強豪校の部員を対象に行った30メートル走で、全国トップの3秒83を記録した俊足が持ち味だ。18日の準々決勝では定位置の1番打者から2番になったが、「やるべきことをやろう」と切り替え、足でかき回した。

 「もう下を向くことはありません」。原田選手は試合後、汗をぬぐった。「(20日の)準決勝ではどんどん得点圏に走っていく」。全力疾走の夏が続く。

=2016/08/19付 西日本新聞朝刊=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング