マッチでM20 9回2死熱男決めた

西日本スポーツ

 9度目の挑戦でついに優勝へのマジックナンバー20の点灯だ。苦しいシーズンを象徴するかのような試合を決めたのは、松田宣浩内野手(33)。3点差を追い付かれて迎えた9回2死から2点三塁打を放った。柳田不在という危機をはね返し、熱男の劇的決勝打でシーソーゲームを制した工藤ホークス。日本ハムが敗れ、待望のカウントダウンが始まった。歓喜のゴールに向かってラストスパートだ!

=2016/09/03付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ