8回に連続押し出し四球 7回2/3 2失点 13勝目逃す 千賀

西日本スポーツ

 先発の千賀は突然の制球難で降板した。7回まで2安打無失点。ここまで無四球と完璧だったが、8回は2死一、二塁から四球で塁を埋め、岡田と清田への2者連続の押し出し四球で同点とされた。「走者を出してから力が入った。そこをどうコントロールするか」。2番手森福が角中を打ち取り、チームは9回に1点を奪って勝利。「勝ってよかった」と胸をなで下ろしたが、最高勝率のタイトルの対象となる今季13勝目も手にできなかった。

=2016/09/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ