柳田CSへ一直線ビ~ム!! 復帰2戦目フル出場 6度打球処理

西日本スポーツ

 決戦へ一直線ビ~ム! 右手薬指骨折で離脱していた柳田悠岐外野手(27)が4日、実戦復帰2試合目の鮮やかな補殺で「戦列復帰OK」を印象づけた。みやざきフェニックス・リーグ西武戦(南郷)にフル出場し、中堅からの好返球で相手走者の本塁突入を阻止。打っても2安打1盗塁と走攻守で存在を示し、8日からのクライマックスシリーズ(CS)へ「そこしか見てない」と気勢を上げた。

■「痛み感じなかった」

 復帰2戦目の見せ場は3回の守備でやってきた。同点とされ、なお2死二塁。柳田は外崎の中前打を処理し、間髪入れず本塁返球した。右手から放たれた球はノーバウンドで捕手のミットに収まり、俊足の二走斉藤は憤死。薬指骨折の影を感じさせず、後輩とハイタッチし「いい球、投げられてました」と自負した。

 「井出(2軍外野守備走塁コーチ)さんから、(守備位置で)ちょっと前におれ、と指示が出てたんで」と言う。同コーチは「走者二塁は全部、前めに守らせた」と狙わせていた。補殺を振り返り「普通なら(本塁突入を)止めるぐらいの場面だけど、フェニックス・リーグだしね。(西武三塁コーチの)黒田に『回してくれ』と思ってた」と笑い「これで一通り確認できたんじゃないかな」と太鼓判を押す。

 復帰初戦の3日は2回降雨ノーゲームで守備機会なし。一転この日はゴロに飛球にフェンス直撃ありで、万全を期してDHに回るまで5イニング守って6度も打球を処理した。井出コーチは「あんだけ飛んでくることもなかなかない。試合も(雨で)無理って話だったのにできたし」と柳田の不思議な“引力”に驚き顔だ。

 多く打席を得るための打順1番が5打席と実った。初回の振り逃げは先制点につながり、5回は二遊間のゴロを遊撃手が送球しかね内野安打。「ボチボチかなと。しっかりスイングできてたし、あんまり痛みも感じなかったんで良かった」。そこから2戦連続の二盗だ。8回の左前打で初マルチを記録。同点の9回裏2死一、二塁で打席が回り、カーブに空振り三振で苦笑したが、観衆93人はこの日一番の盛り上がりだった。

 「(守備で)球も飛んできたし、昨日(1打席)より打席を増やしていろんな球も見られた。久々に野球やってるんで疲れましたけど、すごく充実してたかなと」。5日限りで同リーグ参戦を終え、6日に1軍合流予定。「状態は普通にいいと思います。後は打つだけかなと…クライマックスで。もうそこしか見てない。打つイメージを自分の中では持ってる。その通りできるよう準備したい」。心待ちだ。 (森 淳)

=2016/10/05付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ