“大谷キラー”も沈黙 「前に飛ばなかった」 中村晃

西日本スポーツ

 中村晃は粘りを見せながらも「大谷キラー」ぶりを発揮することはできなかった。大谷とは今季レギュラーシーズン対戦打率4割5分5厘と好相性。初回の第1打席は160キロ直球に遊ゴロ。3回2死はフルカウントからファウルで2球粘り、四球を選んだ。6回には先頭で二ゴロと結果は残せず。「前に飛ばなかったので。明日頑張ります」と言葉少なだった。

=2016/10/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ