ソフトバンク細川退団へ ファームコーチ打診も現役続行希望 来季構想外に

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの細川亨捕手(36)が、日本一奪回を目指す来季の戦力構想から外れていることが23日、分かった。今季も経験豊富なインサイドワークで投手陣をけん引。クライマックスシリーズ(CS)にも全7試合に出場したが、球団側は今季限りで満了となった2年契約を更新する意向がなく、既に来季のファームコーチ就任を打診。ただ、細川は現役続行の意思が強く、このまま退団し、来季は他球団でのプレーを目指すことになりそうだ。


 常勝ホークスを支えてきた扇の要が、日本一奪還を目指すチームを去ることになりそうだ。来季の編成を進める中で、球団の構想に「捕手・細川」の名前がないことが明らかになった。

 近年は故障との闘いも強いられ、今季はシーズン終盤に右太もも裏を痛めるなど2011年にホークス移籍してから最少となる49試合の出場にとどまった。一方で、豊富な経験を生かした巧みなインサイドワークは首脳陣の信頼も厚く、レギュラーシーズン2位で臨んだCSには全7試合中5試合に先発出場するなど、あらためて存在の大きさを示したばかりだった。

 球団側は選手としてのこれまでの貢献度を認めつつも、チームとして長年の課題でもある後任捕手の育成にも取り組むことから、細川が適任と判断。来季のファームバッテリーコーチ就任を打診した。ところが、細川は現役続行の意思が固く、14年オフに再取得したフリーエージェント(FA)権の行使も含め、他球団でのプレー続行を目指す考えだ。

 仮に他球団への移籍が現実のものとなれば、ホークスにとって大きな痛手となりそうだ。今季は武田が2年連続2桁となる14勝をマークしたのを皮切りに、千賀は自身初の2桁となる12勝を記録。東浜も先発ローテーションの一角を担い、9勝を挙げた。そんな若手投手の成長の背景には、バッター心理などを含めてきめ細かくアドバイスしていた細川の影響も大きい。

 また、打者の長短所など特徴を見抜く力にたけており、ホークスの主力選手の多くが「敵に回したくない捕手」と声をそろえていた。西武からFA移籍して以降、6シーズンで3度(11、14、15年)のリーグ制覇と日本一に貢献。退団となれば、過去2度のベストナインとゴールデングラブ賞に輝いた守備力と、意外性のある打撃を評価して獲得に動く球団も出てきそうだ。

 チームはきょう24日、巻き返しの17年シーズンへ向けた第一歩として秋季練習(ヤフオクドーム)を再開する。細川も参加予定だが、既に戦力構想から外れている背番号27の去就に注目が集まる。


 ◆細川亨(ほそかわ・とおる)1980年1月4日生まれの36歳。青森県出身。青森北高から青森大を経て、自由獲得枠で2002年に西武入団。翌03年から正捕手。10年オフにFA権を行使し、ソフトバンクに移籍。通算成績は1374試合に出場し、打率2割3厘、83本塁打、365打点。08年と11年にベストナインとゴールデングラブ賞。183センチ、105キロ。右投げ右打ち。


◆今季のホークスの捕手

 開幕マスクは高卒6年目、23歳の斐紹がかぶり、摂津とバッテリーを組んだ。首脳陣は若手捕手を育てようと、開幕当初は和田と摂津の両ベテランに斐紹を組ませたが、結果が伴わずに途中で断念。以後は鶴岡と高谷を中心とした起用となったが、7月には高谷が左膝の手術を受け、細川が主戦捕手となった。今季の先発マスクは鶴岡67試合、細川36試合、高谷30試合、斐紹10試合の順。

=2016/10/24付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ