細川「迷わず現役」 福岡ソフトバンクが退団発表

西日本スポーツ

 来季の構想から外れていた細川亨捕手(36)が、他球団での現役続行を目指すことを明かした。秋季練習がスタートした24日、球団は細川と来季の契約を結ばないことを発表。バッテリーコーチの就任も打診していたが、自由契約となって現役続行を目指す本人の意思を尊重した。

 「(球団から)21日に(バッテリー)コーチの話を頂きましたが、迷わず、現役続行の意向を伝えた。(引退するという)気持ちはなかった。まだやれると思っていた。ホークスで野球を続けたかったが、球団の意向なので仕方ない」

 スーツに身を包んで訪れたヤフオクドームではこの日、練習前のチームメートに退団のあいさつも行った。「6年で3度も優勝させてもらったし、いいチームメートに恵まれた。勉強させてもらい、感謝している」。2010年オフに西武からフリーエージェント(FA)移籍してきた男は今後、他球団での現役続行を目指す。

=2016/10/25付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ