工藤ホークス13人配置転換 V奪回へ大改革

西日本スポーツ

■きょうから秋季キャンプ 来季コーチ陣発表
 
 V奪回へ大改革! 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(53)が28日、チームとともに秋季キャンプ地の宮崎入りした。29日からのキャンプに先立ち、3年契約の工藤監督の最終年となる来季のコーチ陣も発表。新任4人に加え、13人を配置転換する大改革となった。森浩之1軍作戦コーチ(51)は、今季までチーフスコアラーとしてデータなどの分析を担当。V逸した今季の反省を踏まえ、新設されたポストでチーム内の情報伝達をより徹底する役割を担う。

 煮え湯を飲まされた日本ハムが日本一に王手をかけ広島入りした28日、工藤ホークスは本拠地福岡から秋季キャンプ地の宮崎市に入った。宿舎到着後に行われた全体ミーティング。壇上に上がった工藤監督はよどみなく言い切った。

 「3週間きっちり猛特訓する。ついてこれない人はケガをしたら困るので、筑後(リハビリ組)に帰ってください」。29日から約3週間にわたる「地獄の秋」への招待状-。強制送還も辞さない姿勢に、来季のV奪回への気迫がにじんだ。

 王座から陥落し、挑戦者に立場が変わった。悠長に構える暇はない。工藤監督の言葉にも危機感がにじむ。「厳しい練習? 厳しくないよ。厳しいと思う人がいるだけでしょ」。徹底的な走り込みだけでなく、テニストレーニングなど新機軸も既に打ち出している。

 この日の宮崎入りに先立ち、球団は来季のコーチングスタッフを発表した。V逸後からフロントと指揮官が何度も協議を重ね、4人の新任に加えて13人を配置転換。2位とはいえ83勝を挙げたチームとしては異例とも言える大改革だが、中でも工藤監督の肝いりは新設された作戦コーチだ。

 「(スコアラーに)出してもらうデータは変わらない。それをより選手に正確に伝えることが大事。そこが一番」。工藤監督は新ポストの役割を強調した。森作戦コーチは、今季までチーフスコアラーとしてデータ分析などを担当。ベンチで自身の横に座り、配球などの助言を行ってきた。

 就任当初から工藤監督は「説得力にもなるし大事な部分」と、データを重視してきた。これまでもスコアラーに緻密なデータを調べてもらってきたが、来季はそれをさらに正確に選手へ伝達させる考えだ。既にスコアラー陣に対し、今季は投打両面で痛い目に遭った日本ハム大谷のデータの洗い直しを要望している。

 工藤監督は「試合の中で感じたアドバイスも含めて」と、新鮮な情報を選手に伝えることにも期待を寄せる。大役を担うことになった森作戦コーチは「今年以上に言葉の重みも出てくる。(今季は)本当に悔しい思いをしたので、しっかりした資料をもとにコーチ、選手と話をしてV奪回したい」と意気込んだ。

 工藤監督にとって、来季は3年契約の最終年。この日の発表はなかったが、球団は3年ぶりにヘッドコーチを置く方向で、元広島監督の達川光男氏が務める見通しだ。大改革を断行して臨む2017年シーズン。美酒に酔うための「仕込み」は十分だ。 (倉成孝史)

=2016/10/29付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ