V逸「監督が悪い」 覚悟のざんげ、ホークス工藤監督

西日本スポーツ

選手と共に壇上に立ち、スポンサーにあいさつする工藤監督 拡大

選手と共に壇上に立ち、スポンサーにあいさつする工藤監督

 V奪回へ、決意のざんげ- 福岡ソフトバンク工藤公康監督(53)が、今季3連覇を逃したことを初めて公の場で強く謝罪した。24日、福岡市内のホテルで行われたスポンサーパーティーに選手らとともに出席。約500社のオフィシャルスポンサーの前で、V逸の全責任は自身にあり、すべての非難、批判を1人で受け止めることを強調した。秋季キャンプも終了し、来季に向けた強い覚悟を示した指揮官は、ぶっちぎりでの王座奪回を約束した。

 パーティーとは思えない険しい表情で、壇上の工藤監督がマイクを握った。「僕自身が一番反省して、来季へ向けてしっかりと性根を入れ替え、初心に戻りやっていけないといけない」。派手なオープンニングダンスで和やかなムードになっていた会場は、一気に緊張感に包まれた。

 「今季悔しい思いをしました。後藤社長にもデータを見せていただきましたが、見れば見るほど監督が悪いと自分自身思ってます」

 工藤監督が、壇上に登る直前だった。あいさつに立った後藤球団社長が、パワーポイントを使い参加者に今季の各種データを紹介。打者編で出塁率と平均得点、投手編で先発防御率と奪三振、守備編では守備率。投打にあらゆる面でのチーム成績がリーグ1位だったことを示した。Vこそ逃したが、今季の選手の健闘ぶりをスポンサーに伝えるための1コマだったが、指揮官は重く自身への叱咤(しった)激励と受け止めた。

 「選手たちは1年間苦しい練習に耐え、重圧のかかる試合でも力を出してくれた。もっともっと僕自身が選手のこと、コンディショニングのこともやっていければ、83勝といわず98勝くらいして勝ったと思う」

 自身の責任で「15勝」を取りこぼしたことを認めた工藤監督は、非難もすべて一身に受け止めた。500社以上が集まったスポンサーパーティーは、56テーブルにコーチ、選手らが1人ずつ座り親睦を深める会。指揮官は「今日1日、非難はすべて私が受けます。(自身が座る)Gのテーブルに来ていただいて言いたいことを言ってください。ですので選手たちには激励の言葉をお願いします」と、深々と頭を下げた。

 強烈で重いざんげは、来季のV奪回へ向けての覚悟の表れだ。シーズン本拠地最終戦でのあいさつでも、CS突破からの日本一への可能性が残っていたため前向きな発言を貫いた。指揮官が、公の場でこれだけ深くV逸をわびたのは初。猛練習を課した秋季キャンプも終わり、25日に行われる球団納会ゴルフで今年の球団行事はすべて終了する。「ぶっちぎりで優勝するくらいの気持ちで1年間戦っていきたい。来年は、誰にも文句を言われない成績を残したい」。あえて口にした「おとこ気ざんげ」を、必ず王座奪回へつなげる。 (倉成孝史)

=2016/11/25付 西日本スポーツ=