熊本復興へ願い込め 柳田クスノキ弾 5・13藤崎台楽天戦

西日本スポーツ

 復興への願い込め、届け俺の大飛球-。福岡ソフトバンクの柳田悠岐外野手(28)が27日、熊本での初アーチを誓った。球団と選手会主催の野球教室が九州各県9会場で行われ、柳田は4月の地震で被災した熊本会場で指導。来年5月に藤崎台県営野球場で行われる楽天戦へ「ホームランを打ちたい」と意気込んだ。復旧が進む同球場のシンボルで、中堅後方にある天然記念物のクスノキに届くような放物線を思い描いた。

 ■過去4試合で0発

 あいにくの雨で、会場は予定の藤崎台県営野球場から、近隣小学校の体育館となった。スペース上の制約から内容も変更されたが、即席のトークショーや質問コーナーで、集まった272人の小学生と交流できた。会場の空気に押され、柳田の口調も熱を帯びた。

 「道中、すごい…何というか、悲惨なことだったのが、すごく伝わってきましたし。その中でも、子供は僕らを見て、あんだけ明るく元気な姿を見せてくれたんで。やっぱり野球をもっと頑張って、子供たちに夢を与えられる選手を目指していかないと」

 藤崎台で公式戦を戦ったのが4月10日。地震発生はその4日後だった。柳田にとっては今回が地震後初めての熊本。会場からすぐの熊本城にありありと爪痕があった。「石垣が崩れてたし、他のところも変形してたり。相当すごい地震だったのが伝わってきた」。人々は気丈でも「まだ時間がかかりそう」と復興への道半ばを痛感した。

 小学生と交流を終え、藤崎台のグラウンドへ。チームの先輩松坂、摂津の寄付もあり、復旧が進んでいた。来年5月13日に楽天戦が行われる。「年に1回しかないんでね。ホームラン打ちたいっすね、やっぱり」。プロ6年間、まだここで本塁打は放っていない。

 フルスイング男の狙いは本塁打が持つ明快なメッセージだ。「ちっちゃいころってどう頑張っても柵越えできないでしょ。やっぱりプロ野球選手ってすごいな、というふうに。ヒットもすごいけど『俺も打てるし』とか思うかなって(笑)」。自身の記憶がそうで「僕がめっちゃ覚えてるのは(元広島)野村謙二郎さんの先頭打者ホームラン。(広島市民球場へ)行っていきなり打った。小学生の時です」と回顧する。

 熊本での通算成績は12打数5安打ながら「打ったイメージないです。多分、何でもないとこで打っとんでしょ。ホームラン打ったら一番、記憶に残る。いいとこで打っても記憶に残るけど。自分自身、覚えてないのに、お客さんが覚えるはずがない」。自身と熊本の記憶に刻む1本を願う。

 藤崎台といえば「木」と言う。外野席後方に7本あるクスノキ群の中でも左中間、グラウンドまで枝を伸ばす1本が印象深く「普通にやりゃ打てると思います」と、持ち味の逆方向への直撃弾にも自信をのぞかせた。「他にも何かできるか、探さないといけないなと思いますね」。つかの間の熊本で復興への思いを新たにした。 (森 淳)

=2016/11/28付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ