ホークス長谷川勇「鋼ボディー」へ 手術影響で今季先発101試合

西日本スポーツ

■現状維持で更改

 来季11年目の長谷川勇也外野手(31)が14日、出場機会を制限されない「鋼のボディー」を目標に掲げた。2014年オフに右足首の手術を受けた影響もあり、122試合に出場した今季はスタメンが101試合どまり。13年以来の首位打者返り咲きを目指す来季に向け、患部の不安を解消し、スタメン出場を増やす考えだ。この日、契約交渉に臨み、3年契約の2年目となる来季は現状維持の2億円で更改した。

 不安を抱えながら1年間戦い抜いた。今季は122試合に出場。昨季の30試合から大幅に増えたものの、「残した数字は納得でない部分が多い。試合数、打撃成績も」と契約更改を終えた長谷川勇が反省を口にした。2013年に首位打者と最多安打の2冠に輝いた巧打者が、打率2割7分1厘ではとうてい満足できない。右足首の状態を首脳陣から考慮された結果、先発は101試合にとどまった。2年ぶりの規定打席到達にもわずか1打席足りなかった。

 来季、こうした心配は無用と先発で出続けるのには「鋼のボディー」を手に入れる他ない。来年1月は今年に続き中村晃、釜元と沖縄・宮古島で自主トレの予定。これまで午前9時からスタートだったトレーニングを1時間前倒して開始するという。「練習時間を早めることでケアに時間を充てたい」と意図を説明した。

 既に11月初めから福岡市内の室内練習場を借り、打撃練習を行っている。「11、12月とトレーニングや技術練習もしているので1月は余裕を持ってできる」と早くも自信をのぞかせた。

 2年前に手術を受けた右足首は、月日が流れるとともに回復傾向にあるようだ。「劇的に良くなるとは言えないが、昨年よりは良くなった。いい状態も続いたので、より改善する策を考えながら。誰からも心配されないようになることが目指すところでもある」と前を見据える。

 一プレーヤーだけにとどまらない一年でもあった。選手会長の重責を担った。4月に熊本地震が起き、被災地支援などグラウンド外での職務も全うした。独走態勢から大逆転を食らってのV逸。「もっとコミュニケーションを取って、(選手同士で)向き合う時間をつくれば良かった」と後悔した。

 「もう一度首位打者を取りたい。一番打った人になりたい」。プレーヤーとしての目標は2度目のリーディングヒッター。これを達成すれば、選手会長としての夢、日本一奪還も見える。 (小畑大悟)

※金額は推定

=2016/12/15付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ