「第二の故郷」で決意新た 上林誠知

西日本スポーツ

 来季4年目の上林が「第二の故郷」で決意を新たにした。宮城・仙台育英高の出身で入学直前に東日本大震災が発生。入学式が1カ月遅れ、以後3年間は白球を追いながら、復興の様子を目の当たりにしてきた。「東北には思い入れがあるし、子どもたちと触れ合えて良かった」。期待されながら今季は1軍出場14試合にとどまっただけに「少しでも顔と名前を覚えてもらえるように、来年は1年間1軍にいたい」と力を込めた。

=2016/12/18付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ