ムネリン、ファンサービスのトーク ボート予想当たったらタカ復帰

西日本スポーツ

 米大リーグ・カブスからフリーエージェント(FA)となっている川崎宗則内野手(35)が25日、SG「グランプリ」が開催された大阪市・住之江ボートでトークショーを行った。カブスは今年のワールドシリーズを制覇。「僕はマイナーにいて、シカゴには最後の1カ月くらいしかいなかったけど、僕が行ったから世界一になれたんでしょう。そう思っています」と話し、集まった大勢のファンを笑わせた。

 「人生初」というボートレースにも挑戦。12レース「グランプリ」は1着に1号艇、2着に6号艇、3着に3号艇と予想した。「尊敬している(マーリンズの)イチロー選手で。呼び捨ては失礼なので」と“イチ(1)ロー(6)さん(3)予想”を披露。ファンから「ホークスに帰ってきて」と古巣復帰を望む声が飛ぶと、「これ(予想)が当たったら帰って、外れたら違うところに行きます」と笑いを誘ったが、結果は外れだった。

 これにはホークスファンもがっかり…と思いきや、BS放送や関西地方などでの地上波中継が始まった時間帯の10レースでは、イチローの背番号51にちなみ「5-1」と予想。見事に大穴を的中させた。インターネット上の掲示板は「ムネリンすげえ!」「ムネリンしか当てられない!」と大盛り上がり。例年にも増してオフの去就が注目される男が、場外でも注目を集めた格好となった。

=2016/12/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ