王会長「ホークスの年」 ヤフオクドームで仕事始め

西日本新聞

 日本一奪回を目指すプロ野球の福岡ソフトバンクホークスは5日、福岡市中央区のヤフオクドームで仕事始め式を行った。恒例の鏡開きでは王貞治球団会長、後藤芳光球団社長兼オーナー代行らが木製バットを手に酒だるを抜き、社員ら約50人の前で1年の始まりを祝った。

 3年連続のリーグ優勝を逃し、日本シリーズにも進出できなかった昨季を踏まえ、王会長は「昨年は大変悔しい年でした。2017年はとり年で、鳥の中でタカは一番強い。ホークスの年となるように、一丸となって戦いたい」とあいさつ。後藤社長は「われわれフロントも初心に帰り、ゼロからのスタートという気持ちで取り組む」と新年から気を引き締めた。


=2017/01/05付 西日本新聞夕刊=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ