工藤監督「原点」で誓う頂点奪回 母校・愛工大名電高を訪問

西日本スポーツ

 「原点」で誓った日本一奪回! 工藤公康監督(53)が、母校であらためて今季への思いを強くした。12日、愛工大名電高(旧名古屋電気高)で行われた「後藤〓二(こうじ)賞」の表彰式に出席。在校生への「授業」に加えて、毎日13キロの道のりを走って通っていた専用球場と野球部寮にも二十数年ぶりに足を運んだ。自らの礎と言い切る3年間を懐かしみ、今季の覇権奪回を約束した。

 ■在校生に「授業」

 懐かしい景色に、工藤監督の表情が柔らかくなった。名古屋市内の母校校舎から、春日井市にある野球部グラウンドまで約13キロ。高校時代の3年間、毎日走っていたという道のりを、感慨深げに車窓から眺めた。校舎への訪問は3年ぶりだったが、グラウンドを訪れたのは西武の現役時代以来、二十数年ぶり。自然と声のトーンも上がった。

 「懐かしいね。向きは少し変わったけど。ここが原点。プロになれたのもここで3年間みっちり鍛えられたから。礎を築いてくれた」。同校の野球部グラウンドは、両翼100メートル、中堅122メートルと甲子園球場とほぼ同じ規模に昨年5月に改修された。工藤監督が汗を流した当時とは設備も大きく変わったが、指揮官にとっては心が熱くなる場所であり続けることに違いはない。

 高校時代は毎日13キロのランニングや猛練習に耐え抜き、3年夏の甲子園で金属バット採用後初となるノーヒットノーランを達成した。その後プロ入りし、実働29年。「高校時代にたくさん走らされたから(プロでは)夏場にバテることがなかった」。自らの礎を築いてくれた思い出の地にわざわざ足を運んだのは、日本一奪回へ向けて自分自身を鼓舞したかったからに他ならない。

 ■球場にレリーフ

 この日は母校での表彰式後にスポーツコースの約100人の生徒を前に「授業」を行い、当初はグラウンドに行く予定はなかった。だが同校が昨年の野球殿堂入りを祝したレリーフを作製し球場に飾ることを伝え聞くと、自ら足を運ぶことを決意。同年代の野球部OBらと、懐かしい思い出話に花を咲かせた。「今日は本当に来てよかったよ」。キャンプインまで3週間を切った中で、意義深い訪問だったことはその表情が物語る。「われわれの目標は日本一奪還。一丸となって戦っていく」。思い出の地で、これ以上ないパワーが指揮官に注入された。 (倉成孝史)

 ※本文中の〓は「かねへん」に「甲」

=2017/01/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ