ホークス柳田見送り WBC選考大詰め

西日本スポーツ

WBC出場は見送りとなった柳田 拡大

WBC出場は見送りとなった柳田

 柳田悠岐外野手(28)が、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表入りを見送られることが18日、分かった。柳田は昨年11月の侍ジャパン強化試合を右肘痛のため出場辞退。現在も万全ではない右肘の状態を考慮され、今回は選出されない方向となった。

 柳田は一昨年オフにクリーニング手術を受けた右肘の状態が思わしくなく、昨年12月からは約1カ月以上にわたってノースロー調整を続けた。今月上旬から行ったグアム自主トレでは塁間程度の距離でキャッチボールを再開したものの、万全の状態には遠かった。

 WBCに出場する日本代表の登録メンバー28人は今月下旬に発表されるが、柳田は13日にグアム自主トレを公開した際も「たぶん(日本代表には)選ばれないと思います。迷惑かけられないですし。まずは自分の状態を上げることに専念したい」と話していた。

 柳田は2014年の日米野球で20打数6安打4打点と活躍してMVPを獲得するなど、国際舞台でも通用する力を見せた。翌15年には打率3割、30本塁打、30盗塁以上の「トリプルスリー」を達成するなど、最大の持ち味である長打力に加えて走力も高いだけに、2大会ぶりの世界一を目指す小久保ジャパンにとっても苦渋の決断となった。

=2017/01/19付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ