工藤監督、新たに3年契約 異例の公表 「非常に重く受け止めている」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは20日、今季が3年契約の最終年だった工藤公康監督(53)との契約を結び直し、2019年まで延長したと発表した。春季キャンプインを直前に控えての異例の公表。球団は、過去2年の手腕に加え、若手投手の育成能力や、きめ細かな選手のコンディショニング管理面なども高く評価しており、長いスパンでの常勝軍団構築を託した。強い責任感を口にした工藤監督は、まずは今季の日本一奪回が最大の使命だと強調した。

 手腕を評価された喜びより、強い責任感が工藤監督の全身を包んだ。球団と新たに結んだ3年契約。19年までチームを預かることが決まった。今季の日本一奪回は当然ながら、同時に託された常勝軍団構築。球団側の思いを理解し、まい進していく考えを口にした。

 「非常に重く受け止めている。しっかりと選手の育成も含めてやっていかないといけない。信用して3年という契約を頂いたので、報いるように5年、10年たってもホークスは強いと言われるチームを、地盤をつくっていきたい」

 秋山幸二前監督(本紙評論家)からタクトを引き継いだ15年に日本一に輝いた。しかし、昨季は前半戦を独走しながら最大11・5ゲーム差を日本ハムにひっくり返され、リーグ2位。クライマックスシリーズでも日本ハムに敗れた。それでも球団の信頼は揺るがない。三笠杉彦球団統括本部副本部長は「(V逸の)昨シーズンも83勝している。王会長も後藤社長も含めて指導者として高く評価している。V奪回もそうですが、中長期的な視点でやっていただきたい」と、契約期間延長の理由を説明した。

 シーズン中でもファーム施設に足を運び、選手の成長過程を確認。豊富な知識を生かしたコンディショニング管理にも目を配る。「育てながら勝つ」という難題に真正面から向き合っており、長期政権を託すにふさわしいと判断された。

 中でも就任1年目に孫正義オーナーからも厳命された「投手王国の構築」が、工藤監督にとって大きな仕事の一つとなる。昨季は就任時から手塩にかけた千賀、東浜らが一本立ち。その下の世代ではドラフトで自ら引き当てた2年目の高橋、ルーキーの田中ら将来性豊かな若手投手が数多くいる。「僕も投手出身。『日本一のピッチングスタッフ』と5年先、10年先も言われるチームをつくりたい」と、長いスパンを生かして最強の投手王国をつくり上げていく意気込みだ。

 ただ、新たに3年という期間はもらったものの、軸がぶれることは一切ない。「一年一年が勝負。来年は、再来年は、ということは考えていない。とにかく今年勝つということを目標にやっていくことしか考えていない」。この日行われた監督・コーチ会議では、チーム一丸となり、今季を戦い抜くことを再確認した。王座奪回、その先の王国づくりの使命を果たし、球団の決断が正しかったことを示す。 (倉成孝史)

=2017/01/21付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ