福岡大大濠など九州4校出場 選抜高校野球

西日本スポーツ

 第89回選抜高校野球大会(3月19日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、九州からは昨秋の九州大会優勝の福岡大大濠、準優勝の東海大福岡のほか、ベスト4に入った熊本工、秀岳館(熊本)が選出された。1県2校同時選出は福岡県勢では2005年の戸畑、東筑紫学園以来12年ぶり、熊本県勢では1995年の熊本工、城北以来、22年ぶりとなる。

 戦力以外の特色を加味した「21世紀枠」は不来方(岩手)、多治見(岐阜)、中村(高知)の3校が選ばれた。

 昨秋の明治神宮大会優勝の履正社(大阪)や準優勝で超高校級の強打者清宮幸太郎内野手(2年)を擁する早実(東京)も順当に選出された。

=2017/01/27付 西日本スポーツ号外=

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ