松坂、復活確信 WLと無休オフで万全、筑後で自主トレ公開

西日本スポーツ

 「平成の怪物」が復活を確信! 福岡ソフトバンクの松坂大輔投手(36)が28日、右肩手術からの完全復活に自信を見せた。福岡県筑後市のファーム施設で自主トレを公開。今オフはプエルトリコのウインターリーグ(WL)に参加し、その後もほぼ無休で体を動かしており、仕上がりも万全。この日の契約更改交渉では現状維持の年俸4億円でサイン。3年契約の最終年となる今季こそ真の姿を見せる。 (金額は推定)

 時計の針は午後3時を回っていた。誰もいなくなった筑後の室内練習場。松坂がイメージ通りの軌道で右腕を振った。キャッチボールを最長50メートルまで伸ばし、再び短い距離で力強いボールを投げた。昨年までのようなぎこちなさは、投球フォームから消えていた。

 「映像を見たときに大丈夫だと安心できた。1年前の映像と今の姿を比べたら、僕の中で明らかに違った。こうすれば大丈夫という道筋が見えた」。プエルトリコのWL後も米国で投げ続け、完全オフは年末年始の数日のみ。投げる中で一つのポイントをつかんだ。

 完全復活の鍵を握るポイントを、日米通算164勝を誇る36歳は「一番意識したのは左腕の使い方」と明かした。「そこ(左腕)の意識を変えることで全体の流れが変わり、他の部分もスムーズにいくようになった」。これが現在の滑らかなフォームの理由だった。

■ポイントは「左腕」

 2015年8月に手術した右肩も時間の経過とともに回復している。「日常生活で(右肩に)引っかかりを感じることは少なくなった。状態もいい」。洗髪や服を着る動作などでの痛みはなくなった。充実したトレーニングの成果で、体も見違えるほど絞った。

 27日に今年初めて筑後に来た松坂の姿を報道で知った工藤監督は「それだけ絞っているということは強い思いがあるから。しっかりキャンプで見たい」と期待する。27日はブルペンで計83球を投げた右腕も「去年よりずっといいので、キャンプが楽しみ」と笑う。

 「とにかく1軍のマウンドで投げたい。けがをしてまともに2年間投げられていない。開幕でスタートラインに立てるように」。15年に米球界から復帰後、1軍登板は昨季最終戦の1試合のみ。レッドソックス時代の11年以来、開幕を1軍(メジャー)で迎えたことがないが、自信に満ちた口調で開幕1軍を誓った。

 昨季は同学年の和田が5年ぶりに米球界から日本球界に復帰し、15勝5敗の好成績でパ・リーグ最多勝と勝率第1位の投手2冠を獲得。「今年こそは(和田)毅と一緒に戦っていきたいという思いが強い」。日米通算127勝の左腕との共闘もあらためて誓った。

 27日にブルペン入りしたため、この日はキャッチボールとウエートトレーニングなどで切り上げた。取材対応でも笑みがこぼれ、表情も明るい。「わざわざ福岡からプエルトリコに応援に来てくれた人もいた。恩返しするには1軍に投げて勝つこと。楽しみにしてもらえたら」。平成の怪物は完全復活を予告した。 (小畑大悟)

=2017/01/29付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ