「真砂VS上林」 ロングティー合戦

西日本スポーツ

 夕暮れ時のメイン球場で期待の若手外野手コンビがロングティー合戦を繰り広げた。ファウルゾーンの三塁側に5年目の真砂、一塁側に4年目の上林。ともに柵越え50本のノルマを課され、一心不乱に振り込んだ。「きついです。でも若いんで元気出さんと」と張り切る真砂は「(上林)誠知、パワーついとる」と刺激を受けた様子。上林は「実力で勝つ。それだけですね」と静かに闘志を燃やした。

=2017/02/02付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ