レオ今井、無期限2軍 右肩に張り、リタイア第1号

西日本スポーツ

 西武のドラフト1位、今井達也投手(18)=栃木・作新学院高=が3日、右肩の強い張りのために春季キャンプを離脱することが決まった。練習後に帰京し、4日に東京都内の病院で検査を受ける。その後は高知でのB班(2軍)キャンプに合流。復帰時期は未定で、目標の開幕ローテ入りは絶望的となった。

 「自分では大丈夫と思っていた。こういう故障は経験がないので(右肩が)敏感に反応したんだと思う」。離脱第1号となった昨夏の甲子園V腕は、悔しさを押し殺した。初日に約80人の報道陣の前でブルペン投球した際、右肩の張りを訴えた。2日に続き、この日もノースロー調整で様子を見たが、症状は回復しなかった。

 強く要望した今井のA班入りが第1クールの3日間で終了し、辻監督は「あれだけの注目があって、目に見えない力みがあったのだろう。肩がびっくりしたのかもしれない。とにかく無理はさせられない」と残念がった。渡辺シニアディレクターは「キャンプ前は張りはなかったようだ。当初はB班のつもりだったから、この先は慌てず体づくりに取り組めばいい」と説明し、早期の1軍復帰を否定した。

 今後は右肩の状態を見て、調整のペースを決めていく。「自分がブルペンで投げる姿を一日も早く、多くの人に見てほしい」。いきなりの試練に強い覚悟で立ち向かう。 (松田達也)

=2017/02/04付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング