松坂 連投解禁 2日間で早くも300球

西日本スポーツ

■シュート初披露

 3日にチーム一番乗りで打撃投手を務めた松坂が、2日連続のブルペン入りで135球を投げた。前日は打撃投手とブルペンを合わせて161球。2日間の合計は296球と投げまくっている。「いつまでも投げ続けられる感じだった。投げていてもそこまで疲れが出ないようになっているのかもしれない。昨日(3日に)出た課題を頭に入れながら投げたけど、まだまだですね」と笑顔を交えて振り返った。

 この日のブルペンでは直球とカーブに加え、シュートも初披露。右肩手術明けの昨季は禁止されていた連投を解禁した。135球でやめたのも中指のまめがつぶれたためで、消化不良気味だった様子だ。「肩の状態もいいし、ブルペンで投げるのが苦じゃない。しっかりフォームを固めていければ」。投球後には侍ジャパンの権藤投手コーチから「キューバ戦いけるか?」と冗談を言われ、苦笑いを浮かべる場面もあった。

=2017/02/05付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ