侍戦士に見劣りしない打球 本多雄一

西日本スポーツ

 打球が若返った。そんな表現がピタリとはまる。内川、松田と同じ組で行ったフリー打撃。本多はWBCを戦う日の丸戦士に勝るとも劣らない鋭い打球を飛ばし、首脳陣の目を引き付けている。

 「自分で言うのもなんですが、この春はスタート(キャンプ初日)からものすごく状態がいい。力強い打球を飛ばせている感じがする。こんなに状態がいいのは、久しぶりですね。一日一日、いい精神状態で練習に打ち込めています」

 甲高い打球音を残した白球が、低く、鋭く伸びる。基本的には中堅から逆方向の左翼側を意識し、快音を連ねるが、右翼側への引っ張りの打球も力強さを増している。同組の内川も「ここ数年見られなかった打球の強さを感じる」と変貌ぶりに目を見張る。

 新たにマイナーチェンジを試みたわけではない。注意点はあくまでも下半身主導の打撃スタイル。そこへ上半身を連動させ、体にバットが巻き付くようなイメージで白球を捉えにいく。「状態の良かった昨シーズン後半の打撃を、今でも継続できている。今後、バットがもっと体に巻き付くイメージで振れてくると、さらに強い打球を飛ばせるはず」。確かな手応えを感じ取っている。

 それを反復して体に染み込ませる練習法の一つに、ティー打撃での工夫がある。約5メートル離れた場所から山なりの球を投げてもらい、ギリギリまで引き付けて左方向へ打ち返すものや、正面より右側から投じられた球を、これも左方向へ打ち返すなどしてバットの出方の意識付けを徹底する。

 「第1クール中、王会長に『打球が強くなったな』と言っていただいた。ボールに対して素直にバットを出すことも含め、しっかりとした意識付けをこれからもっと追求していきたい」

 今季、二塁の定位置争いでのライバルは川島、明石の2人に絞られる。現時点では横一線でも、実績では本多が飛び抜けている。「今年は自分一人で二塁を守り抜くつもりでいる。強い気持ちを持って、この一年に臨みたい」。覚悟を胸に、本多がプロ12年目の準備を進める。 (石田泰隆)

=2017/02/08付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ