ホークス松坂 全盛期調整法に納得の“疲労感”

西日本スポーツ

 松坂が体の疲労度合いに納得顔だ。前日7日のブルペン投球で今キャンプチーム最多の239球。今キャンプの投球数は練習日の7日間で計594球を数えるなど、西武時代の全盛期のような調整法で開幕ローテ入りを目指している。一夜明けたこの日はキャッチボール、ランニングと軽めの調整で、午後1時前に球場を後にした。「(体は)張ってほしいところが張っている。上半身より下半身。よく使えている証拠だと思う」と充実感を漂わせていた。

=2017/02/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ