ホークス東浜、仕上がりは順調

西日本スポーツ

 東浜が順調な仕上がりぶりを披露した。今キャンプ初の打撃投手を務め、牧原、曽根を相手に47球。安打性は11本も許したが「ブルペンで投げている球は投げられたと思う。もう少ししたら実戦も入ってくるだろうし、徐々に(調整)ペースを上げていきたい」と話した。第1クールは5日間で4度のブルペン入り。この日も打撃投手後に追加で投球練習を行うなど、練習日の7日間で6度のブルペン入りと精力的に投げ込みを行っている。

=2017/02/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ