松田 内川 快音侍 シート初安打そろい踏み

西日本スポーツ

 内川、松田の侍コンビが、今キャンプ2度目のシート打撃でそろって初安打をマークした。最初に快音を響かせたのは、前日の11日のシート打撃で2打数2三振だった松田だ。

 山田との対戦となった1打席目に、140キロの外角直球をジャストミート。打球は強烈なライナーで右中間を破り、快足を飛ばして三塁打とした。2打席目は森の前に投ゴロ併殺打で倒れたが「2打席とも打者有利のカウントをつくれた中で打てた。やろうとしたことができたので、よかった」と表情を緩めた。

 これに触発されたわけではないだろうが、内川も強烈な安打を放った。2打席目に対戦した森の内角直球を、巧みなバットコントロールで左前へ。貫禄の一打に「投手が森だったので、打てなかったらまた何を言われるか分からない。そういう意味でも打ててよかった」とニンマリ。約3週間後に迫ったWBCに向け、状態を上げてきた。

=2017/02/13付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ