正義、投球練習取りやめ 課題のフィールディング練習&補習

西日本スポーツ

 ドラフト1位の田中は、課題のフィールディング技術の向上に時間をかけた。野手と、田中を含む一部投手が参加した投内連係と挟殺プレーの練習は、大幅に延長され、田中自身、予定していた投球練習を取りやめた。さらに全体練習後は、石川、松本裕、高橋とともに挟殺プレーの“補習”に参加。「練習していくと、慌てずにやれるようになると思う」とうなずいた。23日の紅白戦でキャンプ2度目の実戦登板へ。工藤監督は「めったにあるプレーではないんだけど(挟殺プレーに失敗して)失点してはもったいないからね」と、反復練習を推奨した。

=2017/02/22付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ