西武・森 御前打で即1軍昇格 右肩痛み「ほとんどない」鋭いスイング

西日本スポーツ

 右肩甲骨内側の張りのため、B班(2軍)で調整していた西武の森友哉捕手(21)が21日、A班(1軍)への昇格を勝ち取った。B班の韓国ハンファ2軍との練習試合(高知市営)に「5番DH」で出場。第1打席に右前打を放ち、視察した辻監督が昇格を即決した。

 A班はこの日から高知・春野に拠点を移したが、辻監督はB班の実戦に足を運んだ。期待の正捕手候補の動きを直接確かめたうえで、試合後に「もう大丈夫。1軍に呼ぶつもり」と言い切った。

 森は2回の第1打席で鋭いスイングから右前打を放ち、復調ぶりをアピール。第2打席は四球を選び、第3打席は強烈なライナーが一直となった。18日の阪神との練習試合で今年の実戦初出場。復帰2戦目を終えて「痛みはほとんどないし、状態はよくなってきた。早く1軍に合流したい」と決意をみなぎらせた。

 今後は22日に1、2軍合同練習で1軍に合流。A班の対外試合初戦となる25日の楽天戦に起用される見通しだ。辻監督は「今後は捕手としてしっかりできるように」と注文も忘れなかった。「これから調子を取り戻して、アピールしたい」。故障による出遅れをはね返し、背番号10が開幕1軍入りへ巻き返しの態勢を整えた。


=2017/02/22付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ