和田、球団最年長で開幕投手 誕生日に監督「分かってるよね?」

西日本スポーツ

 球団史上最年長だ! 福岡ソフトバンクの和田毅投手(36)が、6年ぶり4度目の開幕投手を務めることが22日、分かった。日本球界復帰後は初で、工藤公康監督(53)は「伝えたよ」と明言。36歳での開幕投手は球団史上最年長で、誕生日だった21日に通達された。前クールに左内転筋の張りを訴えたが、この日はブルペン入り。ヤフオクドームでロッテと戦う「3・31」へ調整を進める。

 ■左脚の状態上向き

 日本一奪回を期す今季の開幕投手について、工藤監督は「伝えたよ」と明かした。「全てにおいて周りが認める選手。エッという人は選んでないよ」。大役を託したのは、昨季は最多勝(15勝)と勝率第1位(7割5分)のパ・リーグ投手2冠に輝いたベテラン左腕だった。

 通達は21日。和田の36歳の誕生日だった。武田、千賀ら侍ジャパン勢がチームでのキャンプを打ち上げた日でもある。和田は夜に工藤監督の宿舎の自室に呼ばれた。「分かってるよね?」と短い言葉を掛けられ、和田も「そのつもりでいました」と応じた。

 米大リーグへフリーエージェント移籍する前年の2011年以来、6年ぶりとなる栄誉。日本復帰1年目の昨季は開幕2カード目の初戦、本拠地開幕戦を担った。「開幕投手はしっかり実績を残した人がやるべき」との持論があり「今年は狙う権利がある」と意欲を隠していなかった。

 「光栄なことだし、あらためて気が引き締まる思い。3年連続日本一を逃して臨むシーズン。工藤監督が就任されてからの3年の中でも、重みのある開幕だと思っている」

 36歳での開幕投手は球団史上最年長。従来の記録は南海時代の1956年柚木進の35歳で、球団の福岡移転後は98年工藤(現監督)の34歳だった。さらに米大リーグから日本復帰後に開幕投手を務めるのは、03年吉井理人(オリックス)、07年石井一久(ヤクルト)、14年川上憲伸(中日)に続き4人目となる。

 今季は3月にWBCがあり、ホークス投手陣からも昨季2桁勝利を挙げた武田と千賀が日本代表、バンデンハークがオランダ代表として出場する。3人はいずれも先発ローテ入りが確実だが、WBCのチーム再合流の時期は流動的だ。

 WBCの結果次第では再合流は開幕1週間前となる可能性もあり、工藤監督も「WBCに出場する選手に関しては調整日程が逆算できない」とする。今キャンプではルーキー田中や2年目の高橋ら多くの若手を競争させているが、投手陣の柱としての和田の存在感は大きくなるばかりだ。

 紅白戦に初登板した19日に左内転筋の張りを訴えたが、この日のブルペンでは43球。キャッチボールの上で状態の好転を確認し、ゴーサインを出した。「もう球数はそんなに投げない。ここからはじっくり体の状態を上げていく」。投球練習後は後ろで見守った工藤監督と言葉も交わした。調整登板の日程は今後決めるが、着実に3・31へ向かう。 (森 淳)

   ◇    ◇

 6年ぶり4度目の大役

 ◆和田の開幕投手VTR

 ▼05年3月26日・日本ハム戦(ヤフードーム)

 入団3年目のソフトバンク元年に初の大役を務め、8回途中1失点と好投。7回にソロ弾を許したが、直後に柴原が逆転3ラン。チームは3-1で勝ち、和田も勝利投手となった。

 ▼09年4月3日・オリックス戦(ヤフードーム)

 第2回WBCの出場は逃したが、秋山監督1年目に2度目の大役を託され、開幕戦のパ・リーグ新記録となる14奪三振で3安打完封勝利。チームも8-0で快勝し、和田は開幕投手で2戦2勝となった。

 ▼11年4月12日・オリックス戦(京セラドーム)

 当初は3月25日開幕で杉内が内定していたが、東日本大震災の影響で4月12日に開幕延期となり、首脳陣が調整面を考慮して和田が3度目の大役に。8回と9回にソロ弾を浴び、9回4安打2失点で降板した。チームは延長12回の末に2-2で引き分けた。

=2017/02/23付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ