ビビりフォーク反省 千賀

西日本スポーツ

 不運な当たりもあって2番手の千賀が敗戦投手となった。武田の後を受けて登場した4回は三者凡退も、5回1死から真砂に右前打と二盗を許し、続く塚田にフォークを中前ポテン先制打とされた。順応途中のWBC球の影響から「フォークを引っかけるのをビビって腕の振りが若干弱かった」。適時打の場面も「しっかりワンバウンドを投げられていれば」と反省した。

=2017/02/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ