侍ジャパン秋山「積極打法」で流れ呼ぶ

西日本スポーツ

 侍に二言はない。秋山が有言実行の「積極打法」で試合の流れを引き寄せた。前夜の9番から2番に上がり、1-0と膠着(こうちゃく)していた5回1死。相手左腕の初球変化球を迷わず捉え、右前へ2試合連続安打で出塁。その後、2点目のホームを踏んだ。

 初回は四球で、同じく初球を引っ張った3回は相手失策を誘い一塁へ。試合前に「相手も早めにカウントを取りたいと思うので狙いたい」と話していた男は「一発で(球が)前に飛んだし、突破口になりよかった」と満足げ。言葉通りの打撃で勝利に貢献だ。

 積極走塁でもチーム大勝の一躍を担った。5回1死一、二塁では二走として重盗に成功。大きな追加点につなげ「自分の役割。成功して自分にとっても大きかった」とうなずいた。

=2017/03/02付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ