松坂3回2安打自責1 「どの球種でもストライク取れた」

西日本スポーツ

 次回は725日ぶりの本拠地へ-。福岡ソフトバンクの松坂大輔投手(36)が4日、1軍先発枠入りへ一歩前進した。チームのオープン戦初戦のヤクルト戦(鹿児島)で“開幕投手”を務め、3回を2安打2失点(自責1)。今春実戦では初めてワインドアップから投げるなど、松坂らしさを見せた。次戦は11日の中日戦(ヤフオクドーム)が濃厚。入団1年目の2015年3月17日のロッテとのオープン戦以来、ホークスでは2度目となる本拠地登板でさらに前に進む。

 プロ19年目のオープン戦“開幕投手”が、鹿児島で本拠地ヤフオクドームへの道を切り開いた。「前回よりは(投球内容が)良かった。どの球種でもストライクが取れた」。3回を2安打2失点ながら、自責点は1。登板後の松坂は控えめな笑みを浮かべた。

 今春初の実戦だった2月25日の巨人とのB組練習試合(生目第2)は2回を1安打1失点だったが、3四球と不安定な制球が目立った。今回は1四球。直球の最速は140キロにとどまったが、打者13人と対戦して8人にストライクが先行するなど安定感が増した。

 失点は「どちらも防げる失点。もったいない」と悔しがった。初回は味方の失策で出した走者を、高く抜けたツーシームがバックネットに達する失投で二進(記録は盗塁)させ、雄平に先制打を許した。3回は大引に甘いスライダーを左越えの同点ソロとされた。

 収穫も反省も手にした53球。一目で分かる変化もあった。「ブルペンの段階で『今日はいいな』と思ったので」。オフに参加したプエルトリコのウインターリーグからほぼ封印していたワインドアップからの投球を解禁。松坂の代名詞ともいえる姿を取り戻した。

 ここまでのセットポジションは「最終的にいい形につなげるためのきっかけにすぎない」と説明。前回登板でもワインドアップ再開を検討したが、取りやめていたという。この日は「甘くてもファウルなど差し込めていた。自分が思うよりも球に力はあったのかも」と手応えを口にした。

 工藤監督は「今日は四球で崩れなかった。勝負にいって打たれるなら問題ない」と認めた。次回は中6日で11日の中日戦が濃厚。投手コーチとの協議で「問題がなければ」としたが、725日ぶりに本拠地ヤフオクドームのマウンドに上がることになりそうだ。

 ホークスの1軍先発枠を巡る争いは激しい。工藤監督は「次は4回か5回。結果が出れば、さらに100球くらい」とハードルを設定した。その上で「他の投手との兼ね合いがある」と話し、実績抜群のベテランも投球内容が生き残りに直結することを示唆した。

 「長いイニングを投げることは大事ですけど、球数は増えても投げられると思う。時代ですね」。全盛期は無類のタフさを誇った右腕は苦笑いした。「(今回は)体の開きが早くてスライダーが抜けた。修正したい」。地道な作業も続けて、1軍先発枠を勝ち取る。 (谷光太郎)

 ◆松坂の今春の歩み

 ▼2月1日 昨秋から体重9キロ減のスリムボディーでキャンプイン。ゆるゆるになったベルトをハサミで短くカット

 ▼同3日 チーム一番乗りで打撃投手を務めた。キャンプ3日目で打者相手に投げたのはプロ19年目で最速

 ▼同7日 今キャンプで初めてワインドアップ投法を披露するなど、約1時間半こもったブルペンで239球の熱投。同21日にA組に合流

 ▼同23日 肩や肘への負担を考慮してペースダウンしていたが、9日ぶりにブルペン入り。変化球を交え79球を投じた

 ▼同25日 巨人とのB組練習試合で2回を1安打、3四球の1失点。「野球って難しい。戻れるなら1カ月前の状態に戻りたい」と弱気な発言も

=2017/03/05付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ