ホークス東浜「5番目に一番近い」 工藤監督認めた 開幕ローテへ4回3安打零封

西日本スポーツ

 昨季9勝の東浜が開幕ローテを引き寄せた。ヤクルトを4回3安打無失点。2月25日の侍ジャパンとの練習試合も3回無失点の右腕に、工藤監督は「5番目としては一番近いところにいる。ゼロで抑えているし、結果も出ている」と認めた。

 初回は先頭の大引の二塁打に2四球が絡んで2死満塁。ここで新外国人グリーンを空振り三振に仕留めた。4回1死一塁では広岡をカットボールで遊ゴロ併殺。「ゲッツーを狙った。キャンプで投げ込んで体が覚えている」と振り返った。

 本来は4日に先発予定だったが、1日の韓国斗山との練習試合が雨天中止になり、登板日がずれた。ブルペン入りも普段の登板2日前から3日前に変えたが、「体もある程度切れていた」と難しい調整にも対応した。

 和田、バンデンハーク、千賀、武田に続く先発の最有力候補だが、試合後の自己採点は「全然良くない。3四球はいただけない」と厳しかった。厳しい生存競争の中で開幕ローテの座を万全にするためにも、今後も結果を出し続けてアピールする。 (谷光太郎)

=2017/03/06付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ