ホークス高橋純平自滅

西日本スポーツ

 開幕ローテ入りを目指す2年目の高橋が、競争から後退した。5回から2番手で登板。1イニング目は無失点に抑えたが、6回は先頭から2者連続四球を与えると岡、田中賢に連続適時打を浴び逆転を許した。「6回は球が高く無駄な球が多かったです。左打者への投球が次の登板の課題」。首脳陣は次回以降も1軍での登板機会を与えることを示唆したが、競争は激しく巻き返しには強烈なアピールが求められる。

=2017/03/09付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ