初スタメンで犠飛&適時打 秋山

西日本スポーツ

 今大会初スタメンの秋山が期待に応えた。2015年はバンデンハークに12打数4安打だった好相性を買われ、8番中堅で出場。2回1死二、三塁で先制の左犠飛を放ち「チャンスだったので食らいついていった」とうなずいた。3回にも中前適時打で追加点を挙げた。今大会は1次リーグ最終戦の中国戦で先発する予定だったが、大会前の強化試合で死球を受けた右足小指の痛みもあり、首脳陣に「9イニングを守るのは難しい」と訴えて先発を外れた。それでも途中出場の8回に安打を放ち、この試合の活躍につなげた。

=2017/03/13付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ