代打の切り札、一振りで勝負 内川

西日本スポーツ

 内川が世界の猛者のボールを“一振り”で仕留めることを誓った。今大会はすべて代打から出場。今後も切り札としての起用が見込まれるだけに「試合を左右するような場面が多いと思う。チームが勝てるような結果を残せる打席にしていきたい」と口元を引き締めた。12日のオランダ戦では同点の延長10回1死一塁で登場。得点にはつながらなかったが、今大会4打席目での初安打となる二塁打で好機を拡大するなど貫禄を見せた。13日は希望者のみの練習で汗を流した。

=2017/03/14付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ