ホークス工藤監督「日本一しかない」 ソフトバンク本社激励、会社員600人前に宣言

西日本スポーツ

 V厳命に、V約束! 17日、東京・汐留のソフトバンク本社で行われた恒例の激励会で、孫正義オーナー(59)が、工藤公康監督(53)に日本一奪回を命じた。会場に集まったのは約600人の社員。会の冒頭、壇上に登った孫オーナーは開口一番に「やる以上は勝たねばならない。それがわがソフトバンクホークスの宿命」と、力強い言葉で会場全体を緊張感に包んだ。

 シーズン終盤にまさかの大逆転でV逸した昨季を「悔しくて悔しくてしょうがなかった」と孫オーナーは振り返る。超多忙だが、これまでも優勝時の胴上げやビールかけには積極的に参加。「ビールかけ。うまいんだよねぇ、本当にうまい。心で飲む、気持ちで飲む、物理的なものではない。あの美酒を味わいたい」。今秋のビールかけを指揮官とナインに強く要望すると、最後は1段階声量を上げ「とにかく勝ちましょうっ!」と、締めくくった。

 神妙な表情でその言葉を聞いた工藤監督も、覚悟を決めた。「オーナーの思いは、心に突き刺さるほど感じております。とにかくその思いに応えたい。リーグ優勝、日本一、それしかない。オーナーを胴上げして、ビールかけにも参加してもらってみんなで美酒を味わいたい」。男と男の約束を、今季は絶対に守る。 (倉成孝史)

=2017/03/18付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ