鶴岡アピール 2安打2打点

西日本スポーツ

 正捕手の座を狙うベテラン鶴岡が、バットでもアピールした。まずは2回1死一、二塁で先制の適時打。フルカウントから外角直球を逆らわずに右前へ運んだ。4回1死三塁では内角球を右中間へ適時三塁打。「バットに当てれば何かが起きると思い、打ちにいきました」。高谷、甲斐との扇の要を巡る争いは激戦だが、昨季捕手陣で最多出場した意地を見せた。

=2017/03/23付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ