柳田2号「どん詰まり」 でも入っちゃう!!

西日本スポーツ

 1週間後に迫った今季開幕戦に向けて、豪快なデモンストレーションだ。8回1死。柳田がオープン戦2号ソロを右中間テラス席へ打ち込んだ。中崎の初球、内角スライダーをフルスイング。「どん詰まりだったけど、入って良かった。しっかり自分のスイングができた」と笑った。

 今年の実戦では3本目のアーチ。2月23日のB組練習試合、3月12日の中日戦での一発はいずれも左方向で、引っ張った右方向へのアーチは今年初。「(変化球にも)普通に反応できた。当たってくれて良かった」。打撃は上り調子で、開幕に向かっている。

 3戦連続で入った中堅は今年最長の8イニングを守り、「疲れました」と苦笑い。23日の阪神戦では三塁へダイレクト送球し、手術歴のある右肘を考慮した工藤監督に「カットマンまで」と“厳重注意”されたが、この日もはつらつとプレー。守備の打撃面への好影響は「そういうのはあんまりないけど、楽しい」という。

 25日にはWBC組がチームに合流。この日は荷物整理などに来た内川、松田、デスパイネとロッカーで顔を合わせた。「元気そうやったんで、それが一番良かった。フルメンバーになる。楽しみです」。気になる打順は「出られたら何番でもいい。しっかり自分の打撃ができるように準備したい」。2017年型打線でもギータが中核を担う。

=2017/03/25付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ