「ホークス優勝だけに集中」 侍戦士も合流即スタメン出場

西日本スポーツ

 侍ジャパンに加わりWBCを戦った内川と松田が、ともにチームに合流し即スタメン出場した。内川は4回に岡田から中前打を放つなど2打数1安打。2次リーグのイスラエル戦以来となる一塁の守備に就いた。

 「ずっとこのペースでやっていたので、心地いい部分はある」。慣れ親しんだホークスのユニホームでのプレーに自然と笑顔が浮かぶ。打順は昨季同様、4番を任されることが濃厚だが「周りが強力なのでプレッシャーになることはあるかもしれないけど、そういう立ち位置でいることを受け止めたい」と力を込めた。

 7番三塁で先発出場した松田は2打数無安打と快音こそ響かなかったが、3度の守備機会を軽快にこなした。「丸1カ月ぶりにホークスのユニホームを着て新鮮だった。この気持ちを大事にしたい」と表情を引き締めた。試合前には球場を訪れていた小久保氏にあいさつし、侍ジャパンの活動に一区切りをつけたという。「これからは、ホークスの優勝のためだけに集中してやっていきたい」と力強かった。

=2017/03/26付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ