長谷川勇「晴らす機会きた」

西日本スポーツ

 オープン戦は打率1割7分2厘(29打数5安打)に終わるなど本調子でなかった長谷川勇も開幕を心待ちにした。「いよいよきたなと。昨年悔しい思いをした。やっと晴らす機会が来た」。選手会長として「うまくいかないときも必ずあると思う。昨年の反省として、しっかり意思統一できるように」と自覚。右足首の不安から限られてきた守備機会の増加を目指しており、クッション性の高い新人工芝に「僕の足に合ってる」とうなずいた。

=2017/03/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ