デスパ古巣マリーンズと対戦ワクワク 「試合になったら思い切りいく」

西日本スポーツ

 新外国人のアルフレド・デスパイネ外野手(30)が30日、古巣の撃破を誓った。開幕からいきなり昨季まで3年間所属していたロッテと激突。「明日から始まるんでワクワクしているよ」と胸が高まっていた。

 ヤフオクドームではホークスの前にロッテが練習を行っていた。グラウンドに姿を見せた助っ人はかつてのチームメートとの再会を喜び、開幕戦の相手となる涌井ともあいさつを交わした。「素晴らしい投手だと思っているし、仲もいい」と親友に敬意を表しながらも「試合になったら思い切りやっていく」と意気込んだ。

 敵将からの宣戦布告にもひるむつもりはない。ロッテの伊東監督は「結構分かりやすい打者で、狙い球を絞るタイプ。最初が大事だ。気持ちよく打たせることはない」とデスパイネ封じを予告。本人が応じることはなかったが、藤本打撃コーチは「『よく打つ』って分かってるんじゃない。練習でも問題ない」と爆発に期待を込めた。

 キューバ代表で出場したWBCは計6試合で打率4割7分4厘、3本塁打、6打点と大暴れした。一度キューバに帰国し、長時間移動で悩まされた時差ぼけも解消し、スタンバイOK。達川ヘッドコーチは「この球場は大好きだし、相手もロッテでアドレナリンが出るには申し分がない」と助っ人を頼りにする。昨季24本塁打を放ったが、球場別トップの8本塁打をマークした相性のいいヤフオクドームでの一発も予感させる。新天地での戦いがいよいよ始まる。 (小畑大悟)

=2017/03/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ