4番主将内川「つなぎ役に」

西日本スポーツ

 新オーダーでも4番を務める内川は“大きな歯車”を志した。ロッテから加入のデスパイネを「守ってる側にはすごく嫌な打者」と歓迎し「前後がすばらしい打者。チームの得点を増やすためにもしっかりつなぎ、回していければ」。練習前の円陣では工藤監督から3年目となる主将にも任じられ「キャンプ中から話をさせてもらっていた。監督の気遣いでチームの(輪の)中で言ってもらった。力になれること、役に立てることがあれば」と話した。

 WBCでは主に代打で、難しい開幕前の調整だったが「しっかり自分の持ってるものを出せるように」。今季中の達成が見込まれる通算2000安打には「まだ104本あるので」と力みなし。心境を問われた取材冒頭で「(センバツで)東海大福岡も福大大濠も、秀岳館も負けてしまって残念な気持ち」と切り出すなどつかみもOKだった。

=2017/03/31付 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ