今期初先発の長谷川、プロ初の1試合三塁打2本「自分にとっては開幕戦」

西日本スポーツ

 今季初スタメンの長谷川が初安打、初打点をマークした。「8番左翼」で先発。2回2死二、三塁、楽天釜田から右翼フェンスに直撃する先制の2点三塁打を放った。釜田には昨季、10打数6安打、1本塁打。相性の良さも発揮し、「自分にとっては開幕戦みたいなもの。最初の打席がチャンスだったので、ヒットになって良かったです。いい緊張感の中で打席に入れました」と笑顔。4回無死二塁でも再び右中間への適時三塁打を放った。1試合2本の三塁打をマークしたのはプロ11年目で初。「最初の1本だけで終わりたくなかった。いい形でヒットになってよかった」とうなずいた。

=2017/04/05 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ