レオ粘り届かず3連敗 8回1死満塁で中軸凡退

西日本スポーツ

8回1死満塁、三振に倒れた西武・浅村(右) 拡大

8回1死満塁、三振に倒れた西武・浅村(右)

8回2死満塁、二飛に倒れぼうぜんとする中村(右)

 粘りは届かなかった。西武での現役時代に同僚だった工藤監督率いるソフトバンクとの今季初対戦を落とした。本拠地メットライフドームでの初勝利も逃して3連敗。借金も2に膨らんだ。勢いをつかめない内容に辻監督は「あと一本が出なかったな」とため息をこぼした。

 2点を追う5回、木村文が左前打で出塁し、二盗を決めて好機を広げると、田代が先発の和田から前進守備の中堅の頭上を越える適時三塁打を放った。「抜けてくれと思いながら走った。和田さんから打てて自信になる」。打撃で苦しい状況が続く中、辻監督が期待を込めて起用する伏兵が結果で応えた。

 4回にも2番源田が中前打で出塁し、プロ初盗塁となる二盗に成功。中村の左前適時打につなげた。源田は8回にも中前打を放ち、1死満塁のチャンスをつくった。浅村、中村の中軸が倒れて無得点。7安打のソフトバンクを上回る9安打を放ちながら、白星は遠かった。

 若手を中心に積極的な走塁を絡めた光るプレーが出た。守りでは右翼木村文が3回と4回に二つの美技。それでも6年連続カード負け越している天敵ソフトバンクの壁に阻まれた。辻監督は「いい戦い方ができたとはいえ、いつまでも負けるわけにはいかない」と気を引き締めた。 (松田達也)

=2017/04/08付 西日本スポーツ=

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ