レオ浅村、メヒア W100号だ

西日本スポーツ

 西武の浅村栄斗内野手(26)が17日、残り2本に迫った通算100本塁打の到達に自信を見せた。生え抜き選手の達成となれば、2009年の中島(現オリックス)以来。かつて同じ背番号3を背負った先輩に次ぐ節目のアーチに向けて「たぶん自然に出るでしょう」とうなずいた。

 浅村はリーグ2位の打率4割3分4厘を記録し、開幕から好調を維持する。ここまで本塁打は2本にとどまるが、安打数は12試合でリーグ最多の23と驚異的。「いまはヒットの延長がホームランという感覚。この意識でいけば、いずれ出るから気にしない」と手応えを示す。

 チームは18日に楽天戦(大宮)があり、その後は23日の日本ハム戦まで地元で5試合が続く。メヒアも通算99本塁打としており、メモリアルアーチに備えて球団は花束を準備してスタンバイ。ダブルで100号達成となれば、弾みがつきそうだ。

 強力打線の働きで7勝5敗と白星が先行する中、主将のバットがさらなる上昇気流を呼び込む。 (松田達也)

=2017/04/18付 西日本スポーツ=

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ