千賀3ラン被弾、ハム松本プロ1号 ホークス4戦続けて先制許す

西日本スポーツ

 「連敗ストッパー」の期待を背負いマウンドに上がったソフトバンク千賀が先制3ランを浴びた。0-0の3回、先頭の大野に中前打を許し、犠打と四球で1死一、二塁。この試合初のピンチを背負うと、2番松本に先制のプロ1号を左翼席へ打ち込まれた。6年目の松本は23日の西武戦で1軍昇格したばかりで、今季2試合目の出場。最近2試合はいずれもチームの連敗中に先発し勝利投手となっていた千賀の被弾で、チームは4試合連続で先制点を奪われる苦しい展開となった。

=2017/04/25 西日本スポーツ=

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ